ゴミ回収を学ぶ

ゴミ回収は場合によっては買い取ってもらえる物もある

ゴミ回収は場合によっては買い取ってもらえる物もある 不用品の処分を行ってくれるゴミ回収業者の中には、まだ使うことができるもの、資源になるものなどを場合によっては買い取ってくれることがあります。
リサイクルショップなどを経営している業者が、ゴミ回収も行っていることが割と多いためで、家具や家電などは特に需要が多いジャンルなので、買い取ってもらえる期待が持てます。
ゴミになるか買取になるかは業者の目利きしだいですから、信頼のおけるところに頼むことが大切です。
トラブルとして、こちらが捨てる気持ちがないものまで無理に持って行こうとしたり、ゴミとして預かっていったものを転売するといったこともあるので、怪しい業者には頼まないほうが良いです。
日ごろから巡回して回っているゴミ回収業者の中には、許可を得ていないのに活動していることがあって、買い取った製品の代金を後から入金するといって、連絡が取れなくなってしまうこともあります。
はじめに身分を証明するものを確かめたり、廃品回収業の許可を得ているか、あるいは古物商の許可を得ているかなどを確認するべきです。

自治体の許可を得ている業者をまず探す

自治体の許可を得ている業者をまず探す ゴミ回収や不用品引き取る業者には各市町村など自治体ごとの一定の要件を満たした「一般廃棄物処理業」の許可が必要です。
この許可を得ている業者だけが、家庭からでるゴミ回収や粗大ごみ、不用品、廃品を引き取ることができます。
なお、「不正または不誠実な行為をする恐れがない」ことなどの一定の要件を満たすことは一般廃棄物処理業者にとって厳しい条件となっていますから、この「一般廃棄物処理業」の許可資格を持っている業者をまず探すことが肝心です。
ちなみに、この許可に違反した業者はすぐに資格を剥奪され、もう二度と一般廃棄物の許可を取得することはできません。
また、処理責任が事業者にある「産業廃棄物の許可」だけを持つ業者が多くありますが、この許可資格で一般廃棄物である家庭ゴミを産業廃棄物として処分すると不法投棄となり、違反業者に対しては廃棄物処理法(第25条)により5年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金となるのです。
従って、家庭のゴミ回収や不用品引き取ってもらう時には「一般廃棄物処理業」の許可を持っている業者であることを必ず確認してください。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>